はんこを通販で購入するならココだ!選定6サイト

トップ > はんこを通販で購入するためには > 印鑑を通販で購入して変更できるのか

印鑑を通販で購入して変更できるのか

日常生活では印鑑を利用する機会も多くなりますので、印鑑登録をする場合のためにも実印や認印ぐらいは持っている必要があります。以前は印鑑も高額でしたが、今では通販がありますので、価格帯も様々で、購入しやすくなっています。
とくに実印は重要な場面で使う自分の分身のような存在ですし、一生に何本も買い替えるようなものでもありませんので、十分選んで価値のあるものを一生使うという方があっています。大切な契約という意識を高めるためにも実印は良いものを作っておくと使うたびに自信や自覚を持つことができます。
印鑑通販を利用する場合に購入後変更できるかどうかも確認しておく必要があります。キャンセルができるかどうかや、彫り直しをしてもらえるかどうかなども確認が必要です。

キャンセルの場合は、商品を彫ってしまうので、他に売るという性質のものではないこともあり、一般的にはキャンセルはできないということになります。
彫り直しの場合には、費用は別に必要ですが、記念の品とか、長い間使っている高価な材質とかの場合には、使い続けたいということもあります。その場合には彫り直しもできますので、相談をしながら注文すればすみます。その他文字などを間違って注文してしまうということもあります。
日本人の名前の場合、漢字やひらがなで読み方は同じでも違う字を使う場合があり、注文した人が別人の場合には、字を間違う場合があります。そのほか戸籍で使っている字と実際に使っている字が違う場合まります。実印などは戸籍で使っている正式な字を使う場合が多いので間違う場合もあるわけです。

その場合はできるだけ早く、連絡をして相談をして対処します。彫り直しをする場合には、印鑑登録などや銀行などに登録をした後では、別なものになってしまうので、登録しなおす必要もあります。その点も注意が必要です。印鑑も細かな彫りを行いますので、扱い方では橋の方か欠けたりします。
長く使うとすり減ったりもして弱くなる部分も出てきます。その時には、そのまま使いたい時には、彫り直しをしてもらう場合もあります。縁起を担ぐということで、彫り直しが縁起が悪いと考える人もいるかもしれませんが、その点は心配する必要はありません。
心機一転再出発の象徴と考えることもできます。考え方は人それぞれですが、一般的には印鑑を替えることは問題ありません。
廃棄する場合も処分してくれるところもあります。注文する前に十分確認をして注文を確定するのが無難です。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP